新品・中古iMac・MacBook・iPadなどアップル製品の高価買取・質預かりなら大阪・豊中の質屋マルカにお任せ下さい!マック・ipadなどの型番の調べ方をご説明させていただいています。

Mac/iPadの型番が分からない!?

iMac、MacBook、Mac miniなどの査定に絶対に必要となるのが『製品の型番』です。
しかし、残念なことにこれらの製品本体には型番の記載はありません。
じゃあどうやって調べるのか・・・それをここで解説していきます。

iPad/iPhoneの型番の調べ方

iPad/iPhoneであれば、簡単に型番をお調べできます。万が一、型番が分からない場合でも「iPad Air2/64GB/シルバー/ソフトバンクで購入」などとお伝えいただければ、こちらで型番をお調べすることも可能です。

箱の裏面に型番の記載があります

画面:iCloudからのサインアウト

ipad/iPhoneの型番を簡単に知る方法、それは「箱の裏面」を見る事です。
箱の裏面にはiPad/iPhoneのスペックやモデル番号の記載がございますので簡単に調べることができます。
「M****J/A」から始まる番号が型番となります。

  • 箱に記載のシリアル番号と本体背面に記載のシリアル番号が一致しているかどうかをご確認下さい。

箱がない場合は『設定』の中に記載があります

画面:iCloudからのサインアウト

ipad/iPhoneを操作すれば、型番を簡単に調べることもできます。
歯車マークの「システム環境設定」を開き、「一般」>「情報」をタップします。
そうすると端末のスペックが表示されますので「モデル」という項目を探します。
そこに記載されている「M****J/A」が型番となります。


型番が「N」や「F」から始まる場合

たまに型番が「N****J/A」のように「M」以外から始まることがあります。
これはアップルの修理プログラムを通して、壊れた端末が新しいものに交換された「交換修理品」「整備済製品」であることを意味しています。
この場合は通常より安い価格で販売されていたり、保証サービスに入れなかったりと色々制限もございますので、査定額も下がってしまいます。

Macの型番の調べ方

iPadやiPhoneの場合は簡単に型番を調べることができますが、非常に厄介なのがMacです。
何故ならMacの場合、型番は箱にしか書いておらず、本体はおろか設定などのどこにも型番の記載がないのです。また、BTO(購入時にスペックを上げること)されている場合、箱にも型番の記載は無くなってしまいます。
じゃあ、どうするのか・・・スペックを調べてそこから型番を割り出す必要がございます。
スペックと型番の対応表は膨大になりますので、そこは当店にお問い合せ下さい。ここでは、スペックの調べ方をご案内させていたただきます。


  1. ツールバーの「リンゴマーク」から「このMacについて」を開きます。

    macツールバー
  2. 「このMacについて」ダイアログの「詳しい情報」を開きます。

    mac「システム環境設定」ダイアログ
  3. ここに記載の「ディスプレイサイズ」「年式」「CPU(プロセッサ)」「メモリ」の情報をメモしてください。

    mac「セキュリティとプライバシー」ダイアログ
  4. 「ストレージ」タブを開き、そこに記載の容量を調べます。容量はほとんどの場合、「64/128/256/512GB、または1TB」のいずれかです。(システム領域がありますので、若干少なく表示されることがほとんどです)

    mac「パスワードの変更」ダイアログ
  5. 上記(3)(4)で調べた「種類/年式/ディスプレイ/CPU/メモリ/ハードディスク容量」を質屋マルカまでお伝えください。型番とおおよその査定額(買取額/質預かり額)をお伝えいたします。

    種類(例)MacBook Pro
    年式(例)2013 Late
    ディスプレイ(例)15インチ Retina
    CPU(例)Intel Core i7 2.6GHz
    メモリ(例)16GB
    ハードディスク容量(例)256GB
ページの先頭へ