ここ数年の買取ブームに伴い、金・プラチナ、ダイヤモンド、時計、ブランド品、楽器、車、本などの様々なジャンルの「○○買取ナビ」「○○買取ランキング」といったホームページが多く出現しています。このホームページって誰が何の目的で作ってるの?信用できるのでしょうか?

買取ナビ/ランキングページってどうなの?

ここ数年の買取ブームに伴い、金・プラチナ、ダイヤモンド、時計、ブランド品、楽器、車、本などの様々なジャンルの「○○買取ナビ」「○○買取ランキング」といったホームページが多く出現しています。「おすすめ第一位はこのお店!」とか「お店を選ぶ基準はコレ!」「比較ポイントはココ!」などなど。
当店でもお客様からそういったお話をよくお伺いしますが、いつも「本当に信用できるホームページなの?」というお話に。

誰が何を目的に作ったのでしょうか?本当に信頼できるのでしょうか?
10年以上にわたってホームページの制作に携わってきたスタッフが可能性を考えてみました!

実体験に基づくレポート!

実際にサイトに掲載されているサイトすべてを回り、きちんとレポートを書いてくれている可能性もあります。多くの品物を持っており、時間をかけて色々な店舗を回り、皆さんに教えてあげよう!という良心的なサイトかもしれません!
こういう印象を持たれた場合は、素直にそのサイトを信頼しても良いでしょう。
ただし、編集者の主観や好き好みが多分に入っていることを忘れちゃだめです。

これはNG!『自作自演』

買取店による自作自演である可能性があります。
要は、その買取店のスタッフが作成したあたかも誰かが作ったように見せるホームページなのです。
どのお店もボランティアではなく商売ですし、やっぱりお客様にはご来店いただきたいのです。
「地域No.1宣言」などのキャッチコピーは大目に見れますが、他店をけなすような内容はモラルに反していてNGですね。

ズバリ広告!『アフィリエイト』

ズバリ広告の可能性があります。
「○○買取ナビ/ランキング」のホームページ自体が広告となっており、掲載されている買取店が有利になるように記述されています。
広告なので、意図的に誘導を図ることは当然、場合によっては他店をけなすような過激な内容が含まれている場合もあります。
これは「アフィリエイト」って呼ばれる広告(簡単に言えば成功報酬型の広告)なんです。

Aさんは自分のホームページを持っています。
そのホームページで△△△という買取店をPRする広告を掲載しました。
Aさんのホームページを訪れたユーザは、△△△に買取の依頼を行い、その後買取成立となりました。
そうすると、△△△からAさんに報酬とし買取成立1件につき3,000円が支払われました

これがアフィリエイトです。
要するに自分のホームページを使ってお店を宣伝してあげるわけです。
広告の内容は企業が作るのではなくホームページの所有者が独自に作ることが多いため、『客観的に見える広告』となり普通の広告よりも効果が高いと言われています。

ホームページの所有者は、買取が成立するだけでお金が入ってくるので、とってもうれしい仕組み。
「楽して稼ぐ!」「お小遣い稼ぎ」といったアフィリエイトを強く推奨する情報商材の増加もあり、ここ数年で一気に増えました。
その結果「○○買取ナビ」「○○買取ランキング」のようなサイトが多く生まれたのです。
すなわち、こういったサイトは第三者によるアフィリエイト収入を目的に作られたサイトの可能性があるわけです。

このお店はアフィリエイト広告を出しているの?

例えば「アフィリエイト」「アフィリエイト 買取」「アフィリエイト 貴金属 買取」「アフィリエイト ダイヤモンド 買取」などで検索していただくと、たくさん出てきます。
ただし、どんな内容のアフィリエイトがあるのかは、なかなか見ることができません。
それはそうですよね、「これは広告です」と表示してしまうと広告効果が薄まります。

その場合は「○○○○ アフィリエイト」(○○○○はお店の名前)で検索してみましょう。アフィリエイトを利用している場合は出てくる場合があります。

アフィリエイトって大丈夫なの?

これまでの文章をお読みになって、アフィリエイトってヤバイんじゃないの?と思われた方。
率直なご意見かもしれませんね。
でも、アフィリエイト自体は詐欺ではありません。あくまで広告、口コミ広告の進化系といえばいいでしょうか。現在では、貴金属や宝石の分野以外にも、広く行われている手法です。
ただ、アフィリエイトでは商品・サービスをPRする人が収入を得ることができるため、以下のような場合には問題であると言えるかもしれません。

  • アフィリエイト広告であることが巧妙に隠され、あたかも客観的事実のように記事のようになっている。
  • アフィリエイトによる収入を上げるため事実を誇張した表現(誇大表現)を行って誘導する。
  • 広告主が他社を利用させない内容を書くことを指示する。
  • アフィリエイトを使った詐欺

少し前に問題になった「芸能人のステルスマーケティング(ステマ)問題」に近いものがあるのかもしれませんね。
最近はIT系の企業が収入源としてこういったサイトを多く作って運営していることもあるようです。
皆さんも十分にご注意ください。

結局のところ、どうなの?

私個人の印象ではありますが、結果として「○○買取ナビ/ランキング」というホームページは100%信頼できるものではないように思います。
それが個人のレポートなのか、自作自演なのか、アフェリエイト目的なのか、それ以外なのか。
でもしょせん、他人が作った情報。ここがイチバン!と書いてあったのに・・・買取額が他より安かったら?何らかの理由でイヤな思いをしてしまったら?
誰も保証してくれませんよね?

そもそも、貴金属等の買取は為替の影響やエンドユーザの好みや動向を受けやすく、比較的短いスパンで変動します。特に流通やインターネットが発達した今はそれが顕著、半年で相場が1.5倍になることやその逆もしょっちゅう起こります。
そして、普通は他店の買取額は分かりません。だから、「絶対どんな時でも一番高い価格で買取します!」なんて言うのは非常に難しいことなのです。

金・プラチナ、ダイヤモンド、時計、ブランド品、楽器、車、本の買取は既に生活の一部として根付いていて、今後もどんどん増えてくると思われます。
大切なのは「情報は参考程度」、ご自分の目で色々なお店を回ってみたり、電話してみたりして信頼できるお店を探すことではないでしょうか。
頭の片隅にでもおいていただけると幸いです。

ページの先頭へ