ダイヤモンドの販売価格や買取価格はどうやって決まるのでしょう?ダイヤモンドのマイナス査定についてちょっとだけお伝えしちゃいます!ってそんなに大したものでもありませんが、ご参考までにどうぞ。

ダイヤモンドの価格はどうやって決まる!?その2

ダイヤモンドの買取価格ってどうやって決まるの!?
そもそもダイヤモンドの取引価格の基準ってあるの!?
って思ったことありませんか??

前回はダイヤモンドの価格の仕組みと、プラス査定についてお伝えしました。で、今回は、ダイヤモンドの査定の際のマイナス査定の仕組みをちょっとだけお伝えしちゃいます!

当店(質屋マルカ)のダイヤモンドの相場価格はこちらでご案内しています。

こんな時はマイナス査定!!

査定がプラスになる場合もあれば、マイナスになる場合もあります。
「マイナス査定」という言い方もおかしいですが、とにかくマイナスとなる基準をあげてみました。

「ラウンドブリリアントカット」がイチバン!

様々なカットの中でラウンドブリリアントカットが一番とされています

様々なカットの中でラウンドブリリアントカットが一番とされています。

ダイヤモンドには様々な形があります。
それぞれにラウンドブリリアントカット、エメラルドカット、ペアシェープカット、オーバルカット、プリンセスカットなど様々な名前がついています。
が!同じ品質基準でもカット形状によりお値段が変わるのです。

やはり一番いいのはラウンドブリリアントカットです。
57、または58面を持つこのカット、ダイヤモンドの美しさを一番表現できるカットとして、実質的な業界標準となっています。
先に挙げた「ダイヤモンド価格リスト」もこのカットを基準として掲載しており、これ以外の形状はマイナス要因となります。

紫外線に反応する「蛍光性」

蛍光性を持つダイヤモンドは紫外線を当てると輝きます

蛍光性を持つダイヤモンドは、長波紫外線を当てると青白く輝きます。(黄色やオレンジの場合もあります)

一部のダイヤモンドには、紫外線を当てると青白く光る「蛍光性」という性質を持つものがあります。(黄色やオレンジなどに光る場合もあります)
紫外線とかそんなの関係ないやん!と思われるかもしれませんが!

実は太陽光にも紫外線は含まれているんです。
もちろん太陽光レベルで発光することはありませんが、油を塗ったような「オイリー」な感じに見えたり、ダイヤモンドの本来の色が変わって見える場合もあります。


蛍光性は鑑定書の「蛍光性(Fluorescence)」で確認することができます

蛍光性は、鑑定書の「蛍光性(Fluorescence)」という項目で確認することができます。

こういった理由から、ダイヤモンドの蛍光性が強い場合は、ダイヤモンドの価値は大きくダウンしてしまします。
(NONEと書かれている場合には、蛍光性が全くないことを示しています)

ダイヤモンドに見える「目立ちすぎるインクルージョン」

インクルージョンが目立ちすぎる場合は、価値は大幅にダウンします。

このダイヤモンドのようにインクルージョンが目立ちすぎる場合は、価値は大幅にダウンします。

ダイヤモンドの内包物には、割れ(フェザー)や、白くもやっとしもの(クラウド)など様々な種類があります。
これらは4Cの中の「クラリティ(透明度)」としてランク付けされますが、同じランク(たとえばI1)でも、インクルージョンが中央にある、石全体にわたっているなど非常に目立つ場合は、著しく価値が下がる場合があります。

また、クラリティは悪くないのに全体的にもやっとしたような濁った印象を与えるダイヤモンドの場合も「生地が悪い」と表現され、著しく価値が下がる傾向にあります。

処理の痕跡、レーザードリルホール(LDH)

インクルージョンが目立ちすぎる場合は、価値は大幅にダウンします。

レーザー処理を行った場合はこのような白い筋が残りますが、ほとんどの場合、表面からは目立ちません。

ダイヤモンドの中に黒点などの内包物がある場合、その価値は著しく下がってしまいます。
そのため、それを人為的に除去する仕組みが考えられました。
これが「レーザードリルホール(LDH)」という手法です。

LDH処理を行うには、まず強力なレーザーでダイヤモンド内部の目立つ内放物まで届く穴を開けます。
次に強い酸を注入して、内放物を漂泊・除去します。
その結果、内放物は目立たなくなり、見かけ上の透明度は向上します。

しかし、その処理によって生じた穴、レーザの通った後は白い筋となってダイヤモンドに残ります。
そして、透明度が向上したとはいえ所詮人為的処理のため、ダイヤモンドの価値は著しく下がってしまいます。

レーザードリルホール処理が施されたダイヤモンドの鑑定書には「LDH」として表記されます。


全2回に分けて解説したダイヤモンドの価格についていかがでしたでしょうか?
どんな品物にしても最終的な判断は人間の目でしますので、一概に「こう!」とは言えませんが、ご参考にしていただけば・・・。

ダイヤモンド価格ツール

価格をお調べになりたいダイヤモンドの「カラット(大きさ・重量)」「クラリティ(透明度)」「カラー(色合い)」を選択してください。カットグレードが【VERY GOOD】の場合のおおよその質預かり価格・買取価格(当店の場合)を表示します。

カラット ct
カラー
クラリティ
カット

本ツールの価格は、該当ランクでのおおよその価格です。価格は、相場の変動・個々のダイヤモンドの特徴等により変動しますので、査定額を保証するものではありません。詳しくはこちら。
 

手放さなくてもいいんです。買取価格で質預かりいたします。

売却(買取)するとその品物は二度と戻ってきません。
また、思い出や愛着も二度と戻ってきません。

品物はお客様の大切な財産。
だから、マルカは『買取価格』で質預かりいたします。

質屋は、お客様の品物を一時的にお預かりするだけ。
元金と質料をお支払いいただければ、品物を取り戻すことができるのです。
やっぱりいらない!と思えば、期限を過ぎると売却(買取)したことと同じになります。
品物を取り戻すか、売却(買取)するかどうかは3ヶ月の質預かり期間に考えればいいのです。

質屋はあなたの味方です!

  • 電気製品などの相場の下落が非常に早いもの、相場が大幅に変動する可能性があるものなどは「買取」の方が高くなる場合もございます。
ページの先頭へ